動画素材を集めて、お気に入りDVDビデオを作成する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

番組をカットして、自分だけのお気に入りDVDビデオを作成する方法

当サイト管理人に寄せられた貴重な情報や実践例をご紹介します。

今回の目的は「音楽番組を録画して、1曲ずつカット編集、それらをまとめたDVDビデオ(VOB)を作成する。」ことです。ただこの方法は、音楽番組だけではなく、いろいろな番組でも応用できますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

この記事は当サイトに寄せられた情報を元に、管理人なりに読みやすく書き換えたものです。内容に関するご質問等にはお答えできません。あらかじめご了承ください。

DVD-Video作成時のポイント

エンコードすると、完成した動画の画質がエンコードする前と同程度か、それ以下になってしまうので、エンコードする回数はできるだけ少なくする。(※今回は録画時の1回のみ)

1曲ずつカットして、その後の編集作業でも画質の劣化が目立たないDVD-Videoを作成することが重要。(※ポイントは、曲間のフリーズと音ズレの防止)

上記作業が終われば、あとは一般的なDVD-Videoの編集方法で大丈夫です。(※自分はPgcEditでダミーセル追加、VobBlankerでセル置換。詳細については趣旨が異なるため省略。)

1.レコーダーの録画モードとカット編集の作業順序について

使用しているレコーダー:Panasonic DMR-BW680(参考までに)

「DRモードで録画 ⇒ レコーダーにてフレーム単位で1曲ずつでカット ⇒ DVD相当画質にエンコードしディスク(VRO)にダビング。」という流れでの作業がオススメ。

【理由】最初は、そのままDVD-VideoにできるようにDVD相当画質モードで録画してそのままディスクにダビングしていました。しかし、この場合にはGOP単位でしかカットできず、前後の必要ない映像も混じってしまいます。そのため再度カット編集をしなければなりません。
オススメの方法でカットすれば、ディスクのVROをDVD-Video(VOB)にするだけで完了です。

【参考】レコーダーカット編集のGOP構造確認を見る

2.元ファイルの音ズレを確認する方法(データによる確認)について

元ファイルの音ズレを確認するために「VobEdit」を使用する。

  1. mpgファイル、またはVROファイルを開く。
  2. 映像の開始(V)=最初の [Video Pack] [B]の [0017] PES HeaderDataの「PTS」の値を調べる。
  3. 音声の開始(A)=最初の [Audio Pack]の [0017] PES HeaderDataの「PTS」の値を調べる。

PTS(Presentetion Time Stamp)は90kHzなので、90で割るとmsec(ミリ秒)になります。
例えば、(V)=29000、(A)=20000の場合、差は -9000なので、-9000/90= -100msec

【参考】Audio Delay調査(VobEditを使用)を見る

3.動画ファイルを分割(demux)する方法について

「TMPGEnc」を使用して動画ファイルを映像と音声に分離(demux)する。

4.音ズレを再確認する方法(感覚による確認)について

「Cutterman」を使用して音ズレを再確認する。

分離した映像と音声を入力し、さっき調べた音ズレ(Audio-Delay)をmsec単位で設定。実際に再生して音ズレがないか確認します。(違っていれば適当に設定値を調整して適正値を探すことも可能。)

【参考】音ズレの確認 GOP構造確認(Cuttermanを使用)を見る

5.音ズレを調整しオーサリング(remux)する方法について

「Muxman」を使用して結合(remux)する。
(※過大なAudio-Delayをカットしてくれるため編集時に有効です。)

エンコードしないので、元の映像と音声を維持できます。demuxした映像と音声を入力し、Audio-Delay設定(msec単位)を入力し、オーサリング。

これで1曲単位のDVD-Video(VOB)ができるので、あとは既存のソフト・方法で自由に料理できると思います。

【参考】音ズレ調整オーサリング(Muxmanを使用)を見る


今回ここで紹介したソフトは下記リンクから探すことができます。
http://homepage2.nifty.com/sophia0/freesoft/

Spcial Thanks to jinjin

「この記事が役にたった♪」という方はブックマークお願いします。
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報


人気のある記事 TOP5