VR2FREEで地デジのCPRMを解除しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VR2FREEをダウンロードしよう

VR2FREE」という無料ソフトを使って、地デジのCPRMを解除する方法を紹介します。

「VR2FREE」は初心者でも比較的簡単に扱えるソフトです。cprmgetkeyとcprm2freeの2つのツールを使用するためか、CPRMを解除するまでに多少時間がかかります。

複数の地デジ番組を1枚のDVDにまとめて録画している場合に、番組ごとに自動で分割してくれるという機能を備えています。

著作権法の改正により2012年10月1日からは、個人的に利用する目的であっても、DVDのコピー防止機能を解除して、自分のパソコンに取り込む行為(DVDリッピング)は、違法となります。

「VR2FREE」の入手先は、あなた自身でお調べください。お問い合わせいただいても回答することはできません。

VR2FREEを解凍する

ダウンロードしたvr2free.zipをダブルクリックして解凍します。

vr2free.zip


解凍が完了すると、次のようなフォルダーができあがります。

VR2FREEの構成内容

解凍されたフォルダーの中身は下記のとおりです。

  • vr2free.exe

VR2FREEでCPRMを解除する前に

残念ながら「VR2FREE」だけではCPRMを解除することができません。
これから紹介する4つのファイルをvr2freeフォルダー内に移動してください。


すべてのファイルを揃えると、このようになります。

ファイルの確認

VR2FREEの使い方

それでは「VR2FREE」を使って、地デジのCPRM解除をはじめます。

まずVRモードで録画したDVDディスク(DVD-VR)を、パソコンのDVDドライブに挿入してください。DVDを自動再生した場合は停止しましょう。

Windows XP をお使いの場合、環境によってはDVD-VRを正しく読み込めないことがあります。その場合はUDF2.0リーダーをインストールしてください。


DVD-VRを読み込めたら、vr2freeフォルダーを開きます。

VR2FREEを起動

vr2free.exeをダブルクリックして起動します。


こちらがVR2FREEの起動画面です。

VR2FREE起動画面

赤丸で囲んだ 参照ボタンボタンから、cprmgetkey.exeの保存先を指定しましょう。


このような画面が表示されます。

cprmgetkey.exeの保存先を選択

cprmgetkey.exeを選択して【開く】をクリック。
(※当サイトではvr2freeフォルダーの中に保存していました。)


同じようにcprm2free.exeと、vro2split.exeの保存先をそれぞれ指定しましょう。

各ファイルの保存先を選択

※cprmgetkeyの場合と同じ手順なので、今回は説明を省略します。


すべてのファイルの場所を指定したら、今度はDVDドライブの場所を指定しましょう。

DVDドライブの場所を選択

赤丸の部分をクリックしてDVDドライブを選択します。
(※当サイトの場合、DVDドライブはE:ドライブになります。)


ファイルの場所とDVDドライブの設定が完了したら、赤枠で囲んだ部分の設定をしましょう。

VR2FREEのサブ設定

このチェックボックスの設定は、あなたのお好みでどうぞ♪

管理人のオススメは上図のとおり、3か所にチェックを入れた設定です。


地デジのコピーを開始

すべての設定が完了したら、赤丸の【解除】ボタンを押します。


地デジのCPRM解除がはじまります。

CPRM解除中

しばらく待ちましょう。

cprm2freeでCPRM解除中

分割処理も自動で行われます。

分割処理中

CPRM解除が完了したら「VR2FREE」を終了しましょう。

管理人のパソコン環境では、2時間程の動画のCPRM解除&分割処理に約13分かかりました。
CPRM解除にかかる時間は、あなたのパソコン環境で変わりますのでご了承ください。

CPRM解除が完了するとvr2freeフォルダーの中にMKB_TBLというファイルが自動で生成されています。このファイルは削除しても大丈夫です。


vr2freeフォルダーにCPRM解除した動画ファイルがあるか確認しましょう。

「VR2FREE」では、動画ファイルの保存先を指定することができません。CPRM解除した動画ファイルは、すべてvr2freeフォルダーの中に保存されるため、ハードディスクの空き容量に気をつけてください。

1枚のDVDに2番組録画した場合

1枚のDVDディスクに2番組録画していたので、2つのmpgファイルができあがりました。これがCPRM解除された後に、番組ごとに分割されたファイルです。

mpgファイルは「Windows Media Player」など、ほとんどのプレーヤーで再生可能です。
CPRM解除した地デジ番組をじっくりとお楽しみください。

1枚のDVDディスクに1番組だけ録画している場合

1枚のDVDディスクに1番組だけ録画している場合には、残念ながらmpgファイルは自動で作成されません。下記手順にしたがって、ご自身でmpgファイルへと変換してください。

1枚のDVDに1番組だけ録画した場合

赤枠で囲んだVR_MOVIE.VROがCPRM解除した動画ファイルです。

拡張子がVROのままだとパソコンで再生できないので、拡張子をmpgに変更します。

「拡張子って何?」という方は、拡張子を表示させようをご覧下さい。


拡張子を変更すると、次のような警告画面が表示されます。

拡張子変更の警告画面

変更してもファイルが使えなくなることはありません。
【はい】をクリックしてください。


拡張子をmpgへ変更

ファイル名をVR_MOVIE.mpgへと変更できたら、地デジのコピーは完了です。

mpgファイルは「Windows Media Player」など、ほとんどのプレーヤーで視聴できます。
CPRM解除した地デジ番組を思う存分お楽しみください。

うまく再生できない場合はVLC media playerをお試しください。


CPRMの解除に成功すると、次に気になるのが「CM(コマーシャル)」です。早送りすればいいだけの話ですが、どうせだったら不要なCM部分をカットしてみませんか?

もちろん今回も無料ソフトを使って、地デジを編集する方法を紹介しています。


コピーした地デジを「CPRM非対応のプレーヤーやパソコン、カーナビなどで楽しみたい♪」というアナタには、こちらの記事がオススメです。

「DVD Flick」という海外製の無料ソフトを日本語化する方法から、DVDビデオを作成するまでの手順をわかりやすく解説しています。

CPRM解除に成功したあなたへ

CPRM解除した動画ファイルは約4GBものハードディスク容量を使用します。1~2本の動画なら問題ありませんが、数が増えてくるとHDDの容量を圧迫して困ったことになります。

そこで管理人がオススメするのが「外付けタイプのハードディスク」です!

最近は大容量ハードディスクの価格も安くなり、2TBでも10,000円以下で購入できるようになりました。ちなみに2TBだと、4GBの動画が500本近く保存できる計算になります。

大容量ハードディスクがあれば、パソコンをまることバックアップすることもできますし、写真やホームビデオ、音楽など大切なファイルの保管場所としても使用できます。

あなたも大容量の外付けハードディスクで、快適なパソコン環境を体験してみませんか?

「この記事が役にたった♪」という方はブックマークお願いします。
Yahoo!ブックマークに登録する このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報


人気のある記事 TOP5